那珂市での寝違えは「なか名倉堂接骨院」へ

寝違えについて

寝違えつい、いつもと違ったぎこちない姿勢で眠ってしまった時など、翌朝には寝違えを起こして、辛い痛みに悩まされることがあります。

寝違えぐらいならマッサージすれば治るかと、自己流で押したり回したりして、さらに痛みが強くなり、ようやく接骨院に来院される方もいるようです。

身体の疲労回復には、睡眠が一番効果的だということはわかっています。

身体が疲れていても、寝ている間に身体の緊張はほぐれて、ある程度の疲労なら一晩で回復するものです。

ところが、あまりにも疲労がたまっていたり、あるいは自分では気が付いていなくても、身体への負荷が積み重なっていたりすると、疲労回復どころか、寝違えなどの症状を引き起こすことがあります。

これは、睡眠中でも身体の緊張がほぐれることなく、緊張した状態が続いているせいかもしれません。

身体の疲れは、内臓にも現れます。

特に暴飲暴食による胃や腸の疲れは、睡眠に影響が出やすいようです。

身体も内臓も、入浴や就寝前のリラックスした時間を持つことで、ゆったりした睡眠がとれて、疲労回復を図ることができるでしょう。

ところが、身体の疲労に追い打ちをかけるように多量の飲酒で胃や腸が疲れ、そのまま倒れ込むように爆睡してしまうなど、翌朝の寝違えの背景にあるのは、そんなことかもしれません。

寝違えの治療について

寝違え程度で、接骨院に行く必要がないと思われる方も多いようで、なか名倉堂接骨院に寝違えで来院される方の多くは、寝違えを起こしてなかなか治らずに治療を思い立ったという方が多いようです。

確かに、寝違えの多くの場合、時間が経てば痛みは治まっていくかもしれませんが、痛みがある間、身体の他の部分への影響が出ることがあります。

以前、那珂市から通院されていた腰痛の患者さんの場合も、寝違えが原因で背骨、そして腰に負担がかり腰痛を併発されたものでした。

寝違えの軽い痛みでも、早めにきちんと診察を受け、最適な治療で早い回復を図りたいものです。

那珂市で寝違えで接骨院をお探しの時は、なか名倉堂接骨院をご利用ください。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック