四十肩でお悩みの那珂市の方へ

四十肩 那珂市突然肩が痛みだして、無理な動かし方をした覚えがなければ、その疼痛は四十肩かもしれません。年齢によっては五十肩という表現の方が相応しいかもしれませんが、四十肩も五十肩も肩関節周囲炎と呼ばれるもので、多くの場合は中高年になった頃に発症し、1年ほどは苦痛と付き合うことになると言われています。ただ、適切な治療によって疼痛の軽減を図り、早い回復も望めますので、ひたちなか市のなか名倉堂接骨院にご相談ください。当院には、那珂市からの患者さんも多く通院されていますので、那珂市で四十肩でお困りの時には適した治療院だと思います。そして、最近は四十肩になるような年齢ではないはずの患者さんが治療を受けるケースも増えています。たとえば、30歳代前半で肩が痛み腕が上がらなくなった患者さんが、四十肩だとは思わずに整形外科で検査を受け、四十肩という診断を受けて那珂市から当院に来院されたこともあります。

四十肩 那珂市

四十肩は、加齢によって筋肉が固くなり関節の動きが鈍くなり、無理な動きによって炎症を起こしてしまうのでしょうが、その他にも姿勢の悪さなどが原因となることも多いようです。つまり、30歳代前半で四十肩と診断された方の場合も、この姿勢の悪さが大きく影響しているのでしょう。たとえばパソコンやスマホの操作で前かがみになる姿勢が肩に負担をかけ、長時間腕を持ち上げることが腕に負担をかけているのでしょう。那珂市からの患者さんの中にも、そういった原因で四十肩を発症している方がいるようです。

四十肩のつらい疼痛

四十肩はじっとしている時でも常に疼くような苦しみがあり、睡眠中はどんな姿勢をとっても眠れないことも多いようです。また、四十肩で腕が上がらなくなり日常生活で苦労することも多いはずです。そして、四十肩が治りかけたと思った頃に気付くのが、腕や肩の可動域が狭くなっていることです。背中に腕が回らないとか、高い場所に手が届かないなど、四十肩の疼痛が治まっても後遺症が残ることがありますので、那珂市で四十肩になった時は、なか名倉堂接骨院で適切な治療を受けていただきたいと思います。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック