五十肩の痛みは我慢しないで

五十肩 那珂市身体が思い通りに動かない時、動かないなら何とか動くようにと無理をして、さらに悪化させてしまうことがあります。たとえば、動かしにくい肩や腕を揉んだり回したりしているうちに日に日に悪化して、ようやく五十肩だとあきらめが付いた時から、半年あるいは1年という長い間、五十肩の痛みと付き合わされることになります。那珂市にも五十肩を経験された方はたくさんいらっしゃるでしょうが、五十肩は放っていてもいつかは治ると思ってしまい、五十肩だからと言って特別な治療もせずにいたという方が多いのではないでしょうか。五十肩になる年齢なのだから仕方ないとか、1年もすれば治るとか、五十肩の経験者から、そんなアドバイスをもらうこともあるでしょう。あるいは、那珂市の整形外科で五十肩の治療を受けたとしても、幾分か痛むは減少したけれども、結局は半年以上腕や肩が思うように動かせなかったのではないでしょうか。

確かに、五十肩は多くの方が経験することであり、五十肩が重症化したり、後遺症が残ったりすることは少ないのかもしれません。ただ、この五十肩の正式名称が肩関節周囲炎ということからもわかるように、関節や筋肉が炎症を起こしている状態であり、普通の肩のコリとは違います。

五十肩 那珂市

五十肩なら那珂市からも通いやすい当院にお任せ下さい

そして、五十肩の治療を受けたか受けないかの違いは、五十肩の痛みが治まるまでの期間の違いもありますが、治ってからの肩や腕の可動域の違いに現れることが多いようです。つまり五十肩の痛みはなくなったけれども、以前と同じように動かせないということです。以前は腕が背中に回ったのに、五十肩の後は半分程度しか届かないとか、以前は背の高い棚まで手が届いたのに届かなくなったとか、そういった後遺症とまでは言わないまでも五十肩の痕跡が残ることが多く、やはり適切な時期に適切な治療を受けるべきかと思います。そして、もし那珂市で五十肩の治療を受けるのであれば、那珂市のとなりのひたちなか市にあるなか名倉堂接骨院にご相談ください。当接骨院では、腰痛や五十肩などの痛みに対して、電気治療や骨盤矯正・背骨矯正などで治療を行っていきます。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック