むち打ちでお悩みの那珂市の方へ

むち打ちむち打ちは、頸椎捻挫や外傷性頸部症候群の一般的な呼ばれ方です。そして、むち打ちは追突事故や接触事故など、車による事故で発症することが多いことはよく知られているわけですが、実際にご自身が交通事故に遭われた時に、このくらい大丈夫だと思ってしまうのもむち打ちかもしれません。


むち打ちの治療に関わることの多いなか名倉堂接骨院には、ひたちなか市にお住いの方以外などから通院されている患者さんも多く、中には数日経って、首や肩、背中の異常を訴える患者さんが来院されることがあります。


交通事故に遭ったショックや車の損傷に気を取られ、事故の処理などに追われていると、首や肩にちょっとした違和感を感じたとしても、軽く考えたくなってしまうのでしょう。

 

むち打ちは、それほど違和感を感じなかったとしても、後々苦しみが増して腫れてくることもあれば、何より共に起こるさまざまな症状に悩まされることがあります。

 

たとえば、めまいや吐き気、頭痛や頭重感などは、むち打ちの患者さんによくみられる症状です。さらに、指先に力が入らなくなったり、集中力が無くなり倦怠感を覚えたりと、仕事に影響を及ぼす事にもなりかねません。

むち打ち

むち打ちとの処置はお早めに

当接骨院では、むち打ちの施術の際に、原因が交通事故の被害によるものとはっきりしていれば、自賠責保険を使っての治療が可能となります。この自賠責保険を使ってのむち打ちの処置は病院に限られると思われている方も少なくないようですが、接骨院でも対応できます。


ただ、その交通事故を物損事故で処理していれば保険治療が行えないこともありますので、被害に遭われた時は慎重に対応していただき、できるだけ早く、むち打ちの施術を受けていただくことをおすすめいたします。

 

那珂市の交通事事例件数をみると、他の茨城県内の地域と比べて決して多いわけではありませんが、たとえ軽い症状のむち打ちでも一度接骨院で施術を受けてください。そして、むち打ちかもしれないと思われた時は、なか名倉堂接骨院にご相談下さい。

 

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック