むち打ちに我慢は禁物

むち打ち

茨城県内で起こる交通事例は年間1万件近いそうですが、負傷者数も平成29年度は約12,000人ということで、中にはむち打ちを発症したという方も多いのではないでしょうか。

ひたちなか市の場合も、毎年1,000人前後の方が交通事例による怪我を負っているようで、むち打ちの治療を受けたという方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、むち打ちの症状にも差はあるので、事故に遭った直後に他の怪我と共にむち打ちの治療を開始する場合もありますが、中には事故直後は異変に気付かずに、かなり遅れてむち打ちに気付くこともあります。

実は車を運転中の怪我の種類として、最も起こりやすいのがむちうちとも言われています。特に、交差点で追突された時や駐車場から出てきた時の他の車との接触などで起こることも多く、そういった場合は車の損傷程度で身体は傷付いていないことが多く、背中や首の異変もすぐには感じないことがあります。そして、痛みに気付かなかったとか、深刻な怪我とは思っていなかったなどの理由で、検査を受けるタイミングを逃してしまうケースもあるようです。たとえば、突然追突された時のショックもありアドレナリンが分泌されて、一時的に痛みに対して鈍くなることもあります。

また、身体に出血を伴うような傷もなく骨折といった大きな怪我でなければ、車に傷が付いたことに怒りを覚えて、自分の身体の状態にまで気が回らないのかもしれません。そのため、警察が来て現場検証が済んで、車を修理工場に運んで、保険会社への報告が済んで、ようやく落ち着いた夜になって何となく身体の不調に気付くことも多いようです。

さらに、当日であればすぐに病院で検査を受けるきっかけがあったかもしれませんが、翌日ともなると時間があったら病院に行こうとか、1日経ってこの程度なら1週間もすれば痛みも引くだろうなどと判断してしまうこともあるのではないでしょうか。

ところが、時間が経ってさらに痛みが増すこともあるのがむちうちの特徴とも言えるかもしれません。追突や接触で思いもよらない動きをした背中や首は、後になって影響が出てくることもあり、首の場合の異変はむち打ちの現れです。

むち打ち

当院にも、交通事故に遭い数日経ってから、首の周囲が痛むとかめまいがするといった症状で相談に来られる方がいらっしゃいますが、いずれもむち打ちの症状であることがわかります。

首の周囲の痛みは頚椎、つまり首の骨のじん帯損傷が原因になっているわけですが、首ではなく背中が痛むとか、座っている時に背中に重い荷物を背負ったように感じるといった症例もあるようです。また、じん帯ではなく神経損傷の場合は、手のしびれやめまいや吐き気、さらに倦怠感が起こることもあります。

むち打ちはひどくなる前に対処を

中には、手のしびれや吐き気が起こるまで、むち打ちの治療もせずに我慢していたという方もいます。おそらくむち打ちは人の目からは全く異変が感じられないために、仕事を休みにくいとか、診察を受けても異常がなくむち打ち治療できずにいたという方もいるのでしょう。

そういった場合、病院とは違った形で頚椎の状態を探り、むち打ちの判断ができますので、病院では治療の必要がないと言われたむち打ちに対して、適切な施術を行うことができます。また、交通事故によるむち打ちであれば、自賠責保険を使っての治療ができるわけですが、病院と同じように保険適用の治療を受けることができますので、むち打ちの疑いがあるようであれば、すぐにひたちなか市のなか名倉接骨院にむち打ちをご相談いただければと思います。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック