東海村でオスグットでお悩みの方へ

お子さんの身体にスポーツで良くない影響が生じるケースとは?

サッカー成長期真っただ中のお子さんといえば、何かしらスポーツをやっていることが多いと思います。

中学の運動部に所属することも多いでしょうし、小学生でさえサッカーチームやミニバスケットボールチームなどが人気があり、最近の小学生の放課後は、遊ぶというよりもスポーツに関わっていることが多いのではないでしょうか。

運動は身体の成長にとって、とても大切なものですが、残念なことにその運動が、子どもの身体に良くない影響を与えることがあります。

たとえば、オスグットもその一つです。

オスグットは成長期に発症することから成長痛とも捉えられているでしょが、成長期にスポーツに関わることで、さらにオスグットを発症しやすくなってしまい、中学校でサッカー部に所属している生徒などがオスグットの治療のために、東海村からもたびたびやってきます。

東海村は、なか名倉堂接骨院のあるひたちなか市と接しているために、日ごろから東海村からの腰痛治療や交通事故の治療の患者さんが多いのですが、オスグットの場合は、東海村立の中学校に通う生徒さんが、放課後に来院されることが多くなります。

もちろん、スポーツ部に所属する生徒すべてがオスグットになるわけではありませんが、ストレッチやクールダウンなども念入りに行うなど、オスグットの予防も大切かと思います。

特に膝の硬さが目立つ子どもには、十分なストレッチができずに、オスグットになる子供さんも多いようです

昔のように日常生活の中で膝の伸縮を繰り返し行うということが少なくなって、ちょっとしたことでひざを痛めることもあるようです。

正座をすることが少なくなったり、トイレが洋式になったりと、膝の関節を大きく動かすことが少なくなって、硬いままボールを蹴ったりジャンプしたりと、オスグットを起こしやすい状況になっているのでしょう。

また、オスグットの痛みに耐えながらオスグットを隠して練習を行い、悪化させてしまうこともあるようです。

オスグットは、できるだけ早い治療がカギになりますので、東海村でオスグットでお悩みの時は、なか名倉堂接骨院で適切な治療を受けて早い改善を図りましょう。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック