東海村にお住まいで、腱鞘炎やバネ指でお悩みの方へ

私たち人間の身体には250個以上の関節があると言われ、どの関節にも炎症が起こり痛みが起こる可能性があります。

たとえば、腱鞘炎も関節の炎症の一つで、腱鞘炎が悪化して指先の動きがバネのような動きをする状態を、腱鞘炎の中でも特にバネ指と呼び、その痛みはかなり強いものです。

また、バネ指は痛みだけでなく、熱を持つこともあり、指のだるさを感じることもあるでしょう。

東海村から腱鞘炎の治療で通院されている患者さんについて

counselingなか名倉堂接骨院をご利用いただいている患者さんは、ひたちなか市にお住まいの方ばかりでなく、お隣の東海村からの患者さんも多いのですが、そんな東海村からも腱鞘炎の治療のための患者さんが通院されていました。

ある患者さんは、美容室にお勤めの方で、美容師といえばハサミを使う作業やシャンプーで指先を細かく動かす作業が多いわけで、指を酷使することも多くなり腱鞘炎、そしてバネ指を発症してしまうこともあるようです。

さらに、別の患者さんは、勤務先でパソコンを扱うことが多く、おそらくキーボードの操作が原因だと思われるバネ指で、通院されていました。

このお二人の患者さんはいずれも女性なのですが、腱鞘炎、それも特にバネ指は、男性よりも女性に発症しやすいと言われています。
しかも、更年期を迎えた女性に発症しやすいようで、おそらく腱鞘炎やバネ指が発症する原因として、ホルモンバランスの乱れが影響しているのかもしれません。

実は、バネ指の患者さんも年齢は高めの方で、おそらく仕事の上ではベテランの域に入る方たちだと思われますので、仕事の忙しさから腱鞘炎になったのか、年齢的なものなのかは明白ではありませんが、指を酷使することと老化が重なってバネ指を引き起こしてしまったのかもしれません。

腱鞘炎を防ぐためには、普段から指をいたわるようなマッサージを心掛けて、指のだるさを感じることがあれば、腱鞘炎やバネ指を発症する前に、接骨院にご来院ください。

東海村からの通院であれば、ひたちなか市のなか名倉堂接骨院が、腱鞘炎・バネ指の治療には最適です。

腱鞘炎やバネ指に関するお問い合わせもお気軽にご連絡ください。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック