東海村で肩こりにお困りなら

パソコンで肩こり仕事でパソコンをお使いでしょうか。

もし、長時間に渡ってパソコンの画面を見たり、細かい字を見ることが多いとすれば、肩こりが起こりやすくなっているかもしれません。

作業を開始する時は、肩こりにならなりように、背筋を伸ばして作業しようと思っていても、時間の経過とともに肩は前のめりになり、首はさらに前に傾いているという方が、大変多いように思います。

本当は、椅子の背に背中を付けて、腕もある程度伸ばした状態の方が、肩こりは起こりにくいと思うのですが、どういうわけか、次第に前へ前へ傾いてしまうのが常です。

せっかく首の骨や背骨がバランスよく頭を支えようとしているにもかかわらず、姿勢が悪いために首や背中だけでなく、肩までも踏ん張らなくてはならないのです。

その結果、肩こりという面倒で不快な症状に悩まされることになります。

東海村から肩こり治療で通院されている患者さんについて

東海村から水戸市まで車で通勤されている患者さんが、背中の痛みと腰の痛みで来院されましたが、問診・触診を行うと、腰痛や背中の痛み以外にも肩こりがひどいことが分かりました。

ずっと以前から、慢性の肩こりで、シップ薬や、ひどい時には鎮痛剤を服用することもあったようです。

ただ、わざわざ接骨院に行って、肩こりの治療を受けようとは思われなかったようです。

そういう患者さんは、この東海村からの患者さんだけでなく、良く聞く話です。

つまり、肩こりくらい、簡単に解消できると思っている方が多いのです。

この患者さんの場合、車通勤ということで、車を運転する姿勢が肩こりに影響していることも考えられます。

身長が低めということもあって、顔をかなりハンドルに近づけて運転されていたようで、運転時の肩の筋肉の緊張が想像でき、それが肩こりの原因なのでしょう。

東海村から片道30分の運転となれば、おそらく到着した時には、肩をもみたくなるほどの肩こり状態ではないでしょうか。

肩こりは肩もみで、すぐに解消できると思われがちですが、すぐに再び肩こりが起こる様な場合は、根本的な治療を行う必要があるでしょう。

東海村から肩こり治療に接骨院に通うのであれば、なか名倉堂接骨院をお勧めいたします。

もちろん、肩こり以外の治療も行っておりますので、お気軽にお問合わせください。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック