整骨院での腱鞘炎治療について

腱鞘炎について

スポーツで腱鞘炎身体には多くの骨があり、関節があり腱があり、その一つ一つが、きちんと機能を果たしていなければ、身体を自由に動かすことはできません。

それは、男性であっても女性であっても、そして若い方であっても高齢者であっても、また、普段スポーツをされない方でも、スポーツ選手であっても、身体の関節や腱の不調は起こります。

特に、腱鞘炎などは、スポーツ選手など、身体の一定の部分を酷使する方に起こりやすい炎症です。

腱鞘炎は、手首や指先を複雑に動かすための、腱を包んでいるトンネル状の腱鞘が炎症を起こしている状態です。

手首や指先を使い過ぎることで、腱鞘と腱の間で摩擦が起こり炎症を起こし腱鞘炎となり、指先に痛みが生じたり、物を持つことができなかったり、腕全体がだるくなることもあります。

このような状態になってしまったら、早めに整骨院へ行くことをオススメします。

スポーツやその他の腱鞘炎について

また、スポーツ選手の中で、テニスやバドミントンや卓球など、ラケットを使う競技に腱鞘炎は発症しやすいと言われています。

スポーツ選手が、腱鞘炎などの故障で練習を休むというのは、躊躇することかもしれませんが、適切な整骨院での治療と、適切な休養期間を設けるなど、腱鞘炎を治すためには必要なことでしょう。

腱鞘炎は、その他にも、様々な指先を使う仕事をされている方に発症しやすい症状です。

昔は、ペンを使う漫画家の方や作家の方なども腱鞘炎にはなりやすかったようです。

最近は、ペンよりもパソコンのキーボードやマウスを操作することで、腱鞘炎を発症することもあるかもしれません。

仕事に支障が出る前に、整骨院での適切な処置をお願いしたいものです。

また、携帯電話やスマホのメール打ちも、小さいキーボタンを指先で押すわけですから、腱鞘炎になりやすいでしょう。

さらに、小さいお子さんを抱いているお母さんの腕も、一種の腱鞘炎と言える症状が出ることがあります。

腕や指先の痛みや違和感を感じた時は、早い時期に整骨院での治療を開始するようにしたいものです。

なか名倉堂接骨院では、筋肉や腱や靭帯を超音波エコー検査で確認することができます。

整骨院で腱鞘炎治療を行う場合は、なか名倉堂接骨院にご来院ください。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック