那珂市でゆがみにお困りの方は

那珂市からゆがみのために通院する患者さんが多いなか名倉堂接骨院について

骨盤矯正ゆがみの影響は、身体のいたるところに出てきます。

そして、ゆがみが原因で何年もの間つらい肩こりに悩まされたり、腰の痛みに耐えていたり、そういった患者さんが、なか名倉堂接骨院の評判を耳にして、ゆがみのための施術を受けるために遠くから来院されることも、珍しくありません。

特に那珂市などは、なか名倉堂接骨院のあるひたちなか市と隣接して、車で移動する際には、当院の近くの道路を利用される方も多く、途中立ち寄りやすい場所にあるのが、なか名倉堂接骨院だと思います。

また、当院の診療時間が午後20時までということもあって、仕事帰りにも通院しやすい接骨院なのだと思います。

そんな患者さんで、背骨や骨盤のゆがみの矯正を受けられている患者さんがいらっしゃいます。

身体の見た目のゆがみは、様々な悪影響を及ぼすようで、腰痛や肩こりや膝痛はもちろんのこと、ゆがみが原因で内臓にまで影響を与えてしまうことがあります。

骨盤のゆがみについて

たとえば、骨盤のゆがみは、妊娠・出産でゆがみが発生することが多いのですが、子どもを産んでから便秘気味になったとか、生理痛がひどくなったとか。

あるいは、食事のあと胃がムカムカするなどの症状が出始めて、妊娠・出産によって体質が変わったと思われる方も多いのですが、実は骨盤のゆがみが原因となっているのかもしれません。

骨盤矯正の患者さんの場合は、出産後すでに10年以上経っているのですが、腰痛改善のための接骨院通いのほかに、下半身の肥満解消も兼ねて、ゆがみを改善するための骨盤矯正を思い立ったということでした。

10数年前の産後に骨盤矯正がうまくできずに、ゆがみが残ってしまい、ゆがみのある骨盤のせいで子宮や腸や胃にも影響が出て、さらに余計な脂肪がつきやすくなります。

もし、下半身の肥満や、胃や腸の不快な症状が気になる時は、ゆがみが原因の可能性もありますので、接骨院での矯正術が効果的かもしれません。

そして、那珂市から接骨院に通院するのであれば、ひたちなか市のなか名倉堂接骨院にご相談ください。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック