那珂市 サッカー ケガ

サッカーのケガについて

counselingスポーツをしていれば、多少のケガはしかたないのかもしれません。

ただ、万が一ケガをしても、すぐに適切な対応ができるかできないかで、ケガの痛みも、その後の後遺症も大きく変わってくることがあります。

特に、サッカー・野球・バスケットボールといった、小学生の頃から盛んに行なわれているスポーツでは、骨や筋肉など身体の発達が未熟ということもあって、些細なことがケガに結びつくこともあります。

技術の向上ばかりでなく、正しい指導に添って身体を作ることも重要視していくことで、ケガも最小限度に防げるのではないでしょうか。

最近は、サッカーの人気が高く、小学校の低学年の内からサッカーチームに所属して連日練習に励む子どもも多いようですが、練習や試合でケガをしてしまうことも多いようです。

那珂市のサッカーについて

当接骨院には、那珂市など近隣の地域からも治療に通院されている方が多いのですが、那珂市でも例外なく少年サッカーは盛んに行なわれているようです。

走ることがプレーの中心になっているサッカーですので、アキレス腱を痛めたり、膝のケガをしたり、足の甲のケガも起こしやすいものです。

また、身体をひねる動作で太ももをケガすることもあります。

十分気を付けていても、プレーに夢中になれば思わぬケガをしてしまうこともあるでしょう。

もちろんサッカーに限らず、スポーツチームに所属している小学生が、骨折や捻挫、打撲などで来院されることも少なくないのですが、大きなケガをして しまえば、大好きなサッカーの練習も、何か月も我慢しなければならないわけで、練習や試合の前のストレッチなどを徹底して行うようにしましょう。

また、ケガをした時には、安静にする・冷やす・圧迫する・患部を高く保つ、といったRICE処理を取ることで、ケガの悪化を少しでも防ぐようにしたいものです。

そして応急処置の後は、、接骨院などで適切な処置を取るようにしてください。

那珂市でサッカーなどスポーツによるケガをしてしまった時は、なか名倉堂接骨院にご来院下さい。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック