那珂市でのぎっくり腰治療は「なか名倉堂接骨院」へ

ぎっくり腰について

ぎっくり腰なか名倉堂接骨院は、ひたちなか市で開院しておりますが、市内だけでなく那珂市など、近隣の市町村から通院されている患者さんもたくさんいらっしゃいます。

また、交通事故の後遺症などの取り扱いが多いのですが、それ以外にも、たとえばぎっくり腰の治療も多く手掛けています。

ぎっくり腰は、誰にでもおこる可能性があります。

重い荷物を持ったとか、大きな家具を動かしたとか、そんな特別な動きでぎっくり腰が起こると思われがちですが、人間無理な動きをする時には、自然と用心するものです。

逆に、まさかぎっくり腰を起こすとは考えられないような他愛無い動きが原因で、ぎっくり腰を起こしたという経験者も多いのではないでしょうか。

以前、通院されていた患者さんは、入浴中に髪にシャワーをかけようとして、少し前かがみになろうとした瞬間、腰に激痛が走ってぎっくり腰になったそうです。

また、タンスを動かす時は用心していたのに、設置して下方の引き出しを閉じようとした瞬間、ぎっくり腰になることもあります。

もし、ぐっくり腰になってしまったら…

もし、万が一ぎっくり腰を起こした時は、とりあえず安静にすることです。

動くに動けないというのがぎっくり腰ですが、まずは一番痛みの和らぐ姿勢でになることでしょう。

ひざの間にクッションを挟んだり、冷やすことで痛みが軽減することもあります。

少しずつ動ける時でも、物につかまって歩くとか、無理に腰を伸ばさないなどの注意が必要です。

ただ、一時的な症状のように思われるぎっくり腰も、それまでの身体への負担によって、疲労が蓄積されていたり、姿勢の悪いことが原因でぎっくり腰を起こしやすい状態になっていることがあります。

姿勢の悪さ、身体の歪み、そういった身体に大きな負担を与えそうな要素を取り除くことで、ぎっくり腰もある程度は回避できるのではないかと考えます。

なか名倉堂接骨院では、柔道整復師としての技術、そしてカイロプラクターとしての技術を駆使して、ぎっくり腰の患者さんの治療に当たっています。

那珂市でぎっくり腰の治療に適した接骨院をお探しの時は、なか名倉堂接骨院にご相談下さい。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック