那珂市 野球 ケガ

ケガの痛みとスポーツ障害について

counseling接骨院で対応できる痛みの症状で、忘れてはならないのがスポーツによるケガの痛みです。

もちろん、プロに近いような、本格的にスポーツをされている方が、身体のメンテナンスや故障の治療で通院されることもあります。

しかし、スポーツによるケガで来院される患者さんの多くは、少年野球チームに所属して野球の練習中にケガをしたり、あるいは、あまり練習する機会もなく休日に草野球の試合に参加してケガをされたり、そういった患者さんが多いものです。

野球によるケガや障害と言えば、野球肘が良く知られていると思いますが、野球肘は投球の練習をやりすぎることで、肘の関節に支障が出て来る症状ですが、特に小学生など、骨の発達も未熟な子どもに起こりやすい故障と言えます。

ただ、こういった症状はケガというよりも、同じ動作を繰り返し行うことで疲労が起こるスポーツ障害と言えるかと思います。

どんなスポーツでも十分なストレッチを行なわずに競技を行うことで、思ったように身体の動きが付いて行かず、ケガをすることがよくあります。

休日明けには、前日の草野球や町内の野球大会に参加し、ケガをして来院される方が増えるのですが、ほとんどの場合、久しぶりの野球の試合で時間も少 ない中、準備運動に時間を割く間もなく、走ったり投げたりすることで、足首の捻挫や肩を捻ったりといったケガをすることがあるようです。

特に中高年になると、前回はできていた動作でも、今回もスムーズに同じ動きができるとは限らず、過信してのケガが多くなります。

なか名倉堂接骨院に来院されるケガの患者さんについて

当接骨院にも、そういったケガの患者さんが来院されることが多く、隣接する那珂市などからも通院されている方がいらっしゃいます。

一見放っておいても治りそうなケガでも、適切な処置をしなければ症状が長引くようなケガもありますので、ケガをした時には冷やしたり、圧迫したりといった適切な処置が取れるようにしておきたいものです。そして、なるべく早く接骨院での施術を受けることをお勧めします。

那珂市で野球によるケガの治療は、なか名倉堂接骨院にお任せ下さい。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック