ひたちなか市で寝違えの治療なら「なか名倉堂接骨院」

寝違えによる痛みとは

機器-6前の晩、就寝する時には何ともなかったはずなのに、朝起き上がろうとすると首から肩にかけて激痛が走る。

あるいは、めざまし時計を止めようと振り返った瞬間、激しい痛みが起こる。

それは寝違えと呼ばれている頸部の痛みでしょう。

寝違えは、首を動かさずにじっとしていれば、痛みも和らいでくるのでしょうが、人間そのままの状態でいることなどできるはずもなく、服を着替えるにも歯磨きをするにも、食事をするにも首をある程度動かさざるを得ません。

そのたびに、首に激痛が起こり、たいていの場合痛む部分をさすったり、首を回してみようとするものです。 そんな行為が寝違えを悪化させることがあります。

寝違えになる原因

では、なぜ寝違えが起こったのか。

たいてい、寝ている時の姿勢が悪かったとか、枕が合わなかったとか、そういったことが原因になっているものです。

きっと、身体が寝違えを起こしやすい状態にあったところに、寝違えを誘発する状況になってしまったのでしょう。

お酒を飲み過ぎて泥酔して、いつの間にか眠り込んでしまった時、いつもは寝心地のいい形に自然と体勢を変えるものですが、爆睡していると朝まで体勢を変えずにいたりします。

いつもと違った枕を使ったり、ソファで仮眠している時にクッションを枕代わりに使って、寝違えることもあります。

寝ている時の首への負担が、寝違えの原因になっているわけですが、ただ、寝ている時の姿勢が悪くても、枕が合わなくても、必ず寝違えを起こすとは限りません。

寝違えを起こすには、やはり、身体の疲れや筋肉の疲労・普段の姿勢の影響で身体の一部に負担がかかっているなど、様々な要因が考えられます。

ひたちなか市のなか名倉堂接骨院は、寝違えの患者さんが来院されることもあります。

寝違えの痛みを解消するための治療はもちろんですが、身体の歪みなどを矯正して、身体への負担を解消することも、必要かもしれません。

寝違えを起こした時、あるいは寝違えを起こしやすいという方は、一度ひたちなか市のなか名倉堂接骨院のご相談ください。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック