ひたちなか市でヘルニアにお困りなら

痛みの激しいヘルニアについて

ヘルニアひたちなか市のなか名倉堂接骨院には、腰痛で来院される方も大変多いのですが、腰痛と一言で言っても慢性的な腰痛もあるでしょうし、ぎっくり腰のように突発的に痛みが発症する場合もあります。

ただ、腰痛の中でも、万が一ヘルニアともなれば、その痛みも激しく深刻にならざるを得ません。

特に、病院でヘルニアと診断され、手術を勧められるほど悪化していれば、驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

以前、50代の男性で、病院で椎間板ヘルニアという診断を受けたものの、手術は避けたいということで、接骨院を探して、当院にヘルニアの相談に来られた方がいました。

椎間板ヘルニアは、長い間椎間板が圧迫されることにより、髄核が線維輪を外へ押したり、突き破ったりしている状態になっているものです。

問診・触診を行うと、まぎれもなく病院での診断の通りヘルニアを発症しているようで、おそらく椎間板の一部が神経を圧迫しているために、
かなり激しい痛みが起こっているものと推測されました。

病院でヘルニアの手術を勧めるのも最もだと思われましたが、同時に接骨院では手術をせずにヘルニア治療が可能だとも思われ、早速に、椎間板ヘルニアの治療を開始することになりました。

ヘルニアの患者さんに対しては、まず筋肉の緊張を取り除き、さらにヘルニアの原因にもなっている骨格の歪みを矯正することが必要です。

つまり、椎間板に掛かっている負担を取り除くことが必要になるわけですが、ヘルニアが改善されてからも、再びヘルニアを発症しないための、日ごろのメンテナンスも必要かと思います。

この50代の患者さんは、毎日車を運転する時間が長く、その姿勢なども見直す必要があるのかもしれません。

ヘルニアにしても、ぎっくり腰にしても、発症しないための日ごろの予防、そしてヘルニアかと思われる時は、早めに接骨院の受診をお勧めいたします。

ヘルニアの治療で、ひたちなか市で接骨院をお探しであれば、なか名倉堂接骨院をお勧めいたします。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック