ひたちなか市で足首の痛みでお悩みの方へ

足首の痛みの原因について

お体の状況を説明足首の痛みと言えば、真っ先に思いつくのは、やはり捻挫でしょうか。

普通に日常生活を送っていても、ちょっとしたきっかけで足首の捻挫は起こりやすい怪我です。

足首から上、つまり頭から足までの全体重をすべて受け止めてい る足首ですので、その負担は大変なものだと思います。

更に、足首は歩く・走る・跳ぶなどの動きをする上で、絶対に欠かせない大切な役割を果たしています。

さらに床に座ったり、立ち上がったりする時も、ゆっくりその動作を行ってみると、足首の役割がどんなに重要か良くわかります。

体重を支え、日常に欠かせない動きを助ける足首ですので、故障することも多く、ひたちなか市の当接骨院にも、足首の捻挫で来院される患者さんが少なくありません。

中高年の男性の患者さんが増える時期について

特に中学生や高校生の、部活中に起こった足首の捻挫のための通院も多いのですが、中高年の男性の患者さんが増える時期があります。

その原因は、子どもの運動会や町内会の運動行事、あるいは会社での親睦のためのスポー ツ大会などに参加して、足首の捻挫を引き起こしてしまうためです。

そしてたいていの方が、「昔はサッカーをしていたのに」とか「若い頃は、走るのが早かったのに」などと、ずっと以前の自分の運動能力が現在も続いていると思い込んでいることです。

昔はどうでも、現在の脚力や瞬発力や、そして筋力が、現在も維持できているとは限りません。

もちろん運動前に念入りなストレッチを行なえば、身体も温まり、力を発揮できるでしょう。

運動に不安のある方はしっかりとストレッチを行うのですが、自信のある方ほど、子どもと走る程度はたいしたことないと軽く考え、足首の捻挫などの故障を起こしてしまうことがあります。

足首の捻挫も、車の運転に支障が出るなど、厄介な故障の一つです。

まずは足首の捻挫などを起こさないように、運動前はしっかり準備運動を行って下さい。

そして、それでも足首の故障を起こしてしまった時は、早めの対処が大切です。

足首の捻挫の治療は、ひたちなか市のなか名倉堂接骨院にお任せ下さい。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック