成長痛!放置は禁物です

那珂 成長痛那珂市では、地域振興のための助成金を活用して、那珂市民のスポーツに力を入れているようですが、最近では総合公園アリーナに新しい移動式バスケットゴールが設置され、小学生のミニバスケットボールの試合などにも活用されることでしょう。そういった設備が充実した那珂市であっても、実際にスポーツを行う小学生が怪我や故障で思う存分スポーツを楽しめないようであっては、せっかくの施設が無駄になってしまいます。たとえば、ミニバスケットボールやサッカーチームに所属している小学生の中には、膝痛を抱えた子供もいて、多くの場合は成長痛という判断で、しかも成長痛がある間は練習を休ませるだけで、特別な成長痛の治療も受けていないという小学生も多いのではないでしょうか。

この成長痛は、10代の成長期に膝やかかとなどに出る痛みであり、膝の場合はオスグッドシュラッター病が考えられます。つまり、成長期に発症することから成長痛と呼ばれるわけですが、実際は膝の骨軟骨炎が原因で膝痛や腫れが生じているわけです。おそらく膝の成長痛の場合、よく見ると膝の下の骨が出ているように見えることもあります。バスケットボールやサッカーを行っている子供に成長痛が多いのは、ジャンプしたりボールを蹴ったりすることが膝の負担を大きくしているからでしょう。

那珂 成長痛

辛い成長痛の対処は

昔のように、子供が特別なスポーツなどを行うことの少ない時代であれば、あまり動き回らずに過ごすことで、時期が来れば成長痛も治まったようですが、現在は小学生の頃からスポーツチームに所属して、大きな大会に出場することを目標に練習を重ねている子供も多く、成長痛だからと言って練習を休もうとすることもないようです。ただ、成長痛や腫れ、そして骨の変形などが大きな障害に結びつくこともあり、成長痛を我慢するのではなく、適切な治療を施すことをお勧めいたします。そして、成長痛を始めとするスポーツ障害の治療には、なか名倉堂接骨院をご利用ください。当接骨院は、那珂市からのアクセスも良く、那珂市から通院されている患者さんの多い接骨院になります。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック