成長痛になったら

東海村 成長痛子供の身体の伸び盛りはまちまちで、小学生の内にグングン身長の伸びる子もいれば、小さい小さいと心配していたことが嘘のように、中学生になってから一気に伸びる子もいます。ただ、その平均を見ると、男子の場合は11歳から15歳くらいの間に最も身長の伸びる時期がやってくるようで、しかもその時期はスポーツに目覚めて、野球やサッカーやバスケットボールなどを始めるという子供も多いことでしょう。

身長が伸びることは、本人にとっても親にとっても嬉しいことではありますが、そんな時期に心配になるのが成長痛ではないでしょうか。特に走ったりジャンプが伴うようなスポーツを行っている子供の場合、この成長痛に悩まされることも多いようで、成長痛の痛みを取り除きたいということで、ひたちなか市のなか名倉堂接骨院には茨城県内の各地から患者さんが来院されます。そして、東海村から通院されている成長痛患者さんも多いのですが、東海村からは車で20分程度での通院が可能であり、もともと東海村からは腰痛や膝痛の治療、あるいは交通事故の後遺症の治療でご利用いただいている患者さんも多く、授業を終えてから成長痛のために通院されている小学生や中学生も少なくありません。

 

東海村 成長痛

 

成長痛の対処法とは

この成長痛は骨の成長に伴い、周辺の筋がその成長に追い付かずに炎症を起こして痛むようになるわけですが、一般的には膝に起こりやすいとされ、膝の成長痛はオスグッドシュラッター病として知られていると思います。そして、オスグッドシュラッター病はスポーツ障害の一つとしても認知されているわけですが、成長期にジャンプなどの動きで膝を酷使してしまうことで成長痛が悪化することがあるため、成長痛の治療のためにはスポーツ障害に対応できる治療院を選ぶことをおすすめいたします。そして、当接骨院は全国優良スポーツ治療院ベスト50に選ばれた経緯もあり、東海村でも成長痛には最良の治療院として評価されていると思います。もし、東海村で成長痛の治療をお考えであれば、ひたちなか市のなか名倉堂接骨院にご相談ください。

診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック