成長痛に必要な事

成長痛成長痛という言葉を耳にすることがあると思いますが、小学生の高学年から中学生の頃に、足の痛みを訴える場合に成長痛という言葉が用いられているかと思います。確かに成長する時期に発症する痛みであることから、成長痛であることには違いないわけですが、正しい対処で成長痛を和らげることもできますので、成長痛でお困りであれば、ひたちなか市のなか名倉堂接骨院にご相談ください。

成長痛は、主に膝の部分に起こりやすいようですが、成長痛は膝に限ったことではなく、たとえばかかとに成長痛が起こるケースも多く、走ったり飛んだりした時に、かかとの軟骨が刺激され痛みが起こったり、足の甲に成長痛が起こることもあるでしょう。そして、最近では、適切な成長痛治療を受けさせるケースが増えているようですが、それでも成長が止まればいずれ成長痛も治まると判断して、何の治療も受けずにいることもあるかと思います。万が一、お子さんが成長痛と思われるような膝やかかとの痛みを訴えている時は、我慢せずに治療を受けることをご検討ください。

成長痛になった時は

特に、サッカーやバスケットボールのように膝に負担をかけるスポーツを行っていると膝の成長痛が起こりやすく、少年サッカーチームやミニバスケットボールチームに所属する子どもの場合、成長痛が起こりやすくオスグッドシュラッター病と診断されることも多いと思います。少年サッカーやミニバスケットボールが盛んに行われていると思いますが、成長痛と共に膝の脛骨が突き出すなどの症状が現れやすく、お子さんのひざ下を観察することも必要かと思います。

実は、患者さんの中にも、成長痛を我慢し続けて悪化させてしまうケースがないわけではなく、特に小学生の場合は練習を休みたくないために成長痛を誰にも言わずにいることもあるようです。早い時期に成長痛の治療を行えば、以前と同じように思う存分走り回れるようになりますので、成長痛は我慢させないことが大切です。そして成長痛の治療は、口コミ№1のなか名倉堂接骨院にお任せください。

テキスト
診療時間・アクセス
  • 診療時間
  • 土曜日は9:00~15:00まで休診日:日曜、祝祭日

  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • ひたちなか市のなか名倉堂接骨院 外観
  • 〒312-0032 茨城県ひたちなか市津田2615-5

  • 無料駐車場20台以上完備
詳しいアクセス方法はこちらをクリック